とらぞーずだいありー
ゲームのプレイ日記とトランペットのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テイルズオブレジェンディア(4)
文字色変えました。決して青くするのがめんどくさくなったからじゃないですよ。決して・・・。

さてプレイ日記4回目です。こうしてみると最近レジェンディアしかやってないですね。・・・いや、ちゃんとラッパも吹いてますよ。でもテイルズには勝てん・・・。

さて、今日は4章クリアを目標に進めていきました。4章の流れとしては水の民とレ・レ・・・なんとか王国()が同盟を組んでヴァーツラフをぶっ倒してシャーリィとステラを取り戻そ~!ってな感じです。

見事に1日で4章まるごと終わらせることができましたが、ステラが死んじまっただ~。非常に悲しいです。セネセネかわいそうです。シャーリィのほうがいらないのに。

ところで、4章でヴァーツラフを倒し、物語は一区切りつくわけですが、ここまできてもどーも前作の流れに酷似してる気がしてならないです。リバースはずっとクレアを追いかけて中盤でさらった軍の本部に乗り込んでむというものでした。ね、似てるでしょ。つーか同じでしょ?こうなるとこれから先、どこまで被らせてくるのか逆に楽しみです。なんか文句っぽく聞こえますが別に不満なわけじゃないです。ちゃんと面白いからいいんです。・・・でもねえ。

話は変わりますが、セネセネがモテてきましたねえ。シャーリィがセネセネ一直線なのは明らかですが、最近クロエも怪しいですねえ。ってか確定ですね。さらにフェニモールやグリューネまで・・・。う~ん、さすが主人公。当のセネセネは今のとこステラですが。どーせこれからシャーリィになるんでしょうが。

さて、ついにジェイが仲間に加わりました。さっそくやむを得ずモーゼスとチェンジしてスタメンに。まあ強さはなかなかですね。近距離キャラとしてクロエと被るから、性能としてはクロエのほうがいいように思われますが、カッコいいから断然ジェイです。セリフかっこよすぎ!!「自分と得意なものが同じ人って気になりますよね。どちらが上か確かめずにはいられない。」「もっと頭を使ったらどうなんですか。」・・・・カッコイイ!!!カッシェルと戦うときには身のこなしのレベルの違いを見せつけてくれました。てかカッシェルがショボいです。実際の戦闘もザコです。他のトリプルカイツやヴァーツラフもザコです。唯一スティングルはまあまあでした。長長悪魔のがつえーよ!

はぁ・・また長くなってしまったので終了です。
スポンサーサイト
テイルズオブレジェンディア(3)
数日家を空けるはずだったのですが、そうじゃなくなりました。だからレジェンディアです。(オイオイ 今回も一応白字ありです。

今日は「帰らずの森」クリアまで進みました。また新事実がいろいろ発覚しましたねえ~。シャーリィは結局メルネス確定っぽいです。誰も疑ってないと思いますけど。あと、気になってた謎の青年くんの名前がわかったっす。名前はワルターです。どうやら水の民らしく、シャーリィを守る理由がこれでハッキリしましたね。あと、とらぞーが気になってたもう一人の人物、仮面のスティングルさんも正体がわかりました。クロエが探してる「蛇の刺青をもつ剣士(だったっけ?)」だったようです。

いろいろわかりましたが、まだ人物同士の関係がわからないことだらけです。まだ序盤だから当たり前ですが。でもひじょーに気になります。だからなかなかゲームがやめられないのです。困ったもんだ。

ところで、どうやらセネセネにも隠された正体がありそうなことを匂わせ始めました。まあ水の民じゃないことは確かだろうけど。(たぶん)あとセネセネはシャーリィじゃなくてステラとくっついてほしーです。(どーでもいいけどさ)

そういえばモーゼスさんが加入してからばっちりパーティに入れております。攻撃力がスバラシイですねえ~。さすがだ。でも・・・・芸がねえ~~!!!!特技少なっ!でもそこがまた魅力的。
でも最近は早くジェージェーも使いたいっす。いつ仲間になるんだろ。

今回はこのへんで。
テイルズオブレジェンディア(2)
レジェンディア日記part2です。たいしたネタバレはありませんが、一応それっぽいところは白字にしてあるので見てもいい方は反転してお読みください。

現在プレイ時間約6時間です。モフモフ族の村まで到着しました。現段階でパーティメンバーとして仲間になってるキャラはセネル・ウィル・クロエ・ノーマです。早くモーゼス使いて~~!

さて、ここまでのストーリーの大筋ですが、な~んか前作リバースと被ってますねえ。主人公にとって大事な人がある目的のためにさらわれて、それを取り戻すために追いかける・・・・・・というやつ。まあ別にいいけどさ。

しかし、トリプルカイツの仮面の男。気になりますねえ~。あと執拗にシャーリィを狙いセネセネ(セネル)をなぜか敵視している謎の青年も。両者ともシャーリィを守ろうとしてるご様子。

そして、一応セネセネとリっちゃん(シャーリィ)は兄妹ということでしたが、どうやら実の兄妹ではなさそうです。(まあ誰もが予想できるでしょうけど)しかも、あの世界には「陸の民」「水の民」という種族(?)の分類があるようで、リっちゃんは後者だそうです。このゲーム種族問題が絡んでくるのでしょうか?これではますますリバースと被るやんっ!!まあ別にいいんですけどね。

ところで、各キャラの声、きいたことある声がいっぱいの気がします。とらぞーの場合、調べてみると気のせいだったということがほとんどですが。ちなみにモーゼスはFFⅩのワッカさんです。

さて、とらぞーは明日から数日家を離れます。そのため更新が滞ります。ご了承ください。
楽器とマウスピースの考え方
今回はとらぞーが楽器やマウスピースに対してどういう考え方を持っているかなんてちょっと生意気なことを書いちゃってます。なんでお前にそんなこと言われなくちゃいけないんだと思う方は軽く聞き流してやってください。 

楽器やマウスピースを買うときってどれを買おうかものすごく悩みますよね?吹きやすいからこれにしようかな~とか、ちょっとキツイけど音がいいからこっちにしようかな~とか。決して安い買い物じゃないだけにいざ買うとなると非常に悩むものです。
 
とらぞーはまずマウスピースから選ぶべきだと思っています。割と楽器を先に考えている人が多いのではないかと思います。とらぞーも自分の楽器を買ったときはそうでした。特に最初に楽器を買うときなんかは楽器を先に選んで、ついてくるマウスピースをそのまま使っちゃうことが圧倒的におおいんじゃないでしょうか。どうしてマウスピースを先に選んだほうがいいか説明するために、先に音色、抵抗感についてとらぞーの考え方を示しておきます。
 
まず音色について。楽器にはそれぞれ特有の音色があります。しかし、音色のほとんどは奏者で決まると考えています。同じ楽器、同じマウスピースでも違う人が吹けば音色は違いますよね?その違いは楽器そのものがもっている音色の特徴の違いよりもはっきりわかると思います。音色は奏者の声の色なのです。
 
次に抵抗感について。よく楽器のカタログなんかに「ほどよい抵抗感があります」とか「抵抗が少なく吹きやすい」とか書いてあります。これは「息の入りやすさ」のことです。抵抗が強ければ息は入りづらいですが、重厚な響きがします。抵抗が少なければその反対です。(あくまで一般的に)このように書くと抵抗が少ないほうが吹きやすいと思われがちですが、一概にそうとは言えないと思います。例えばハイトーンなんかは、楽器から返ってくる抵抗に打ち勝つような感じで当てる人と息をたくさん入れて出す人がいます。前者だと抵抗の少ない楽器だと少し違和感を感じ、後者なら抵抗の強い楽器に違和感を感じるでしょう。あくまで「自分が」吹きやすいと思った抵抗感が1番いいのです。また、抵抗感は楽器だけで決まるものではありません。あくまで楽器とマウスピースのセットで決まります。深いマウスピースなら抵抗は少なくなるし、浅いいものであれば抵抗は大きくなります。
 
じゃあどうしてマウスピースを先に選んだほうがいいのか?それは音色や抵抗は、奏法や楽器とマウスピースとの組み合わせ方で変えることができますが、自分の唇に合うかどうかというのはマウスピースでしか調整できないからです。先に楽器を選んでしまうと、自分の吹きやすい抵抗感や音色を探すためにマウスピースのサイズや深さを変えなければいけなくなります。そうなると自分に合ったサイズとは違ったものを使わざるをえなくなるケースが起こってしまうのです。これはエリック宮城氏が言っていたことなんですが、マウスピースは口に当てて心地よいと感じたものを選ぶのがいいと思います。別にマウスピースだけで吹いたりしてみなくていいと思います。そうやって心地よいサイズが見つかったら、そのマウスピースを使っていろんな楽器を試奏してみて自分の好きな抵抗感や音色を探せばいいのだと思います。
 
また、マウスピースを選ぶに当たって、自分が心地よいなと思ったものが他の人が使ってるものよりもすごく小さかったりしても、そのマウスピースを使うべきだと思います。よく、「なるべく大きいマウスピースを使ったほうがよい」というような考え方になりがちですが、無理して大きいものを使う必要はまったくないと思います。大きいマウスピースのほうが音が豊かになるというのは間違ってると思います。現に小さいマウスピースでもとても良い音をだすプレイヤーはたくさんいます。自分の感覚を信じて使えばいいのです。とらぞーも最初は大きいマウスピースにあこがれたりして、大きいものを使っていた時期もありましたが、ある時小さめで自分が心地よいと思ったマウスピースに変えてみたら、疲れにくくなったりハイトーンが楽になったりと良い結果がでました。音色も最初はちょっと違和感を感じましたが、使ってるうちにすぐに慣れて、小さくても音色が悪くなったりはしないんだなーと感じました。アレン・ヴィズッティは「自分の仕事がこなせる範囲で一番小さいものを選びなさい」と言っているそうです。この考え方にtrasoはとても共感してます。
 
ちなみに現在とらぞーが使用しているマウスピースはヤマハの中川モデル「14B4 N EE」です。このマッピはバックの3Cよりちょっと小さく「感じる」(実際はわかりませんが感覚のほうが大事)くらいのサイズなので決して小さくありません。むしろ大きいほうかも。これでは上記のことと矛盾するようですが、いろいろ試した結果、現在はこれが使いやすかったので使っています。つまるところは、自分に合うものを探せということです。小さいのはよくないという先入観で大きいほう大きいほうに以降してしまうのがいけないのであって、きちんと小さいものも試してみてどれが合うか考えましょう、ということです。

中川モデルのマウスピースですが、中川 喜弘さんの「世の中にあるマウスピースのほとんどが西洋人向けで日本人に合ったマウスピースというものが必要である」という考え方から生まれたマウスピースです。中川さんの考え方は大変おもしろく、説得力があります。本人のHPなどを見てみるといいですよ。あくまでもマウスピースは個人差なので、「これがオススメ!」とはいいませんが、一度は試してみる価値のあるシリーズです。

さて、長くなってしまいました。ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。
テイルズオブレジェンディア(1)
テイルズシリーズ最新作!ついに出ましたねえ~。そう、本日8月25日は発売日なのです。ちなみにとらぞーは昨日手に入れております。

さっそくプレイ。今までアニメーション的な画面が特徴だったのですが、完全3Dに変更されています。(ムービーシーンはアニメ健在)個人的にはアニメーションのままのほうが好きなんです。そうじゃなきゃテイルズじゃない!なんてね。まあやってくうちに慣れるんでしょうけどね。

戦闘は前作リバースの奥行きがあるシステムではなくなり、従来の2Dシステムに戻りました。まあ戦闘システムに関しては変更があってもいつも良い方に傾いてくれているから安心でしょう。

ところで、今回の主人公、武器が素手(爪)です。主人公が剣じゃないのはテイルズシリーズ初でしょう。とらぞーは格闘タイプ好きなのでちょっとウレシイ。でも、リーチが短いのでテイルズ初心者の方や剣に慣れてる方は最初は戸惑うかも。まあ主人公がイヤだったら他のキャラを操作できるので、そこがテイルズのうれしいところですね。

昨日は、ほんのちょっとしか進めてないので全然影響ないのですが、これから進めていく結果をブログに書いていいものかちょっと悩んでいます。ネタバレやな人もいると思うので・・・・。
でもやっぱり、ネタがなくなっちゃうので(オイ)ある程度のことは書いていこうと思います。その際はタイトルに「ネタバレ注意!」と書くのでネタバレしたくない方は避けてくださいね。

じゃあ、今日も後でレジェンディアやろうかね。あ、らっぱの練習もね(笑)
ウイイレ9
この前コナミから発売されているウイニングイレブン9という定番サッカーゲームを買っちまいました。このウイイレシリーズは3くらいからずっとやってます。8に比べると・・・また大分操作感変わりましたねえ。まだ8に慣れてるから正直やりずらい印象です。う~ん、これは慣れるのにちょっと時間がかかるかも。

早速マスターリーグに挑戦し、慣れないうちは強いチームで、ということでバルサを選択。しかもマッチモードで(笑)邪道とでもなんとでも言ってください。普通のは慣れてからでいいんだい!う~んやっぱエトー強くなってんなあ。デコやシャビもなかなか・・・。さあエトー!ロナウジーニョ!お前達のドリブルをみせてやれっ!!

・・・あれ?抜けね~。ドリブル突破難しくなってんなあ。なんかどんどんリアルサッカーに近づいてきてるな。パスもかなり体勢に左右されるようになったし。現実でありえないことはどんどんできなくなってる印象。まあいいことなんですが。とにかく練習せねば~~
練習せな・・・
実はわたくし、とらぞーはですね、トランペットをやっておるのです。もちろん趣味でですがそんでもって地元の吹奏楽バンドに入って活動しております。

それで、今度演奏会があるのです。いっぱいやらなきゃいけない曲があります。ハッキリいってちょっと大変です。最近忙しいせいもあるんですが・・・。

ってなわけで家で練習練習。近所には外で吹ける場所なんかないし、借りれる場所なども見当たらないので仕方なく「サイレントブラス」を使って練習しています。消音ミュートにマイクが内蔵されてるヤツです。多少普通に吹く時と感覚が変わるので良くないのですが、吹かないよりはマシってことでいちおー毎日吹くようにしています。

今、基礎練習は最近買ったアレン・ヴィズッティの教則本(1巻)を使ってやっています。これ、オススメです。あんまり売ってないんですが、銀座のヤマハとかヤマノ楽器とかだと売ってます。「エリック宮城のBRASSテクニックガイド」でも取り上げられています。個人的にはアーバンよりも好きだなあ。特にダブルタンギングなんかKだけで発音する練習とかとてもイイです。アーバンはハイトーンの練習がないですが、ヴィズッティはそれもきちんとカバーしている。ただ、扱ってる範囲はアーバンのほうが格段に広いので併用したほうがいいと思います。

今度やる曲はけっこう音域的にキツイので音域と耐久力の練習を重点的にやっています。ヴィズッティを活用してとりあえずハイCを「楽にキレイに響かせる」ために練習しています。出せる音を「楽にキレイ」にすると音域自体もあがりますしね。これには毎日の努力がかかせません。
blogはっしーん!!
ついにっ!!おまちかね(?)とらぞーのblogが発進いたしました!これからいろいろ好きなこと書いていこうと思ってますのでどーぞヨロシク~!
アフィリエイト・SEO対策
copyright © 2005 とらぞーずだいありー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。