とらぞーずだいありー
ゲームのプレイ日記とトランペットのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽器とマウスピースの考え方
今回はとらぞーが楽器やマウスピースに対してどういう考え方を持っているかなんてちょっと生意気なことを書いちゃってます。なんでお前にそんなこと言われなくちゃいけないんだと思う方は軽く聞き流してやってください。 

楽器やマウスピースを買うときってどれを買おうかものすごく悩みますよね?吹きやすいからこれにしようかな~とか、ちょっとキツイけど音がいいからこっちにしようかな~とか。決して安い買い物じゃないだけにいざ買うとなると非常に悩むものです。
 
とらぞーはまずマウスピースから選ぶべきだと思っています。割と楽器を先に考えている人が多いのではないかと思います。とらぞーも自分の楽器を買ったときはそうでした。特に最初に楽器を買うときなんかは楽器を先に選んで、ついてくるマウスピースをそのまま使っちゃうことが圧倒的におおいんじゃないでしょうか。どうしてマウスピースを先に選んだほうがいいか説明するために、先に音色、抵抗感についてとらぞーの考え方を示しておきます。
 
まず音色について。楽器にはそれぞれ特有の音色があります。しかし、音色のほとんどは奏者で決まると考えています。同じ楽器、同じマウスピースでも違う人が吹けば音色は違いますよね?その違いは楽器そのものがもっている音色の特徴の違いよりもはっきりわかると思います。音色は奏者の声の色なのです。
 
次に抵抗感について。よく楽器のカタログなんかに「ほどよい抵抗感があります」とか「抵抗が少なく吹きやすい」とか書いてあります。これは「息の入りやすさ」のことです。抵抗が強ければ息は入りづらいですが、重厚な響きがします。抵抗が少なければその反対です。(あくまで一般的に)このように書くと抵抗が少ないほうが吹きやすいと思われがちですが、一概にそうとは言えないと思います。例えばハイトーンなんかは、楽器から返ってくる抵抗に打ち勝つような感じで当てる人と息をたくさん入れて出す人がいます。前者だと抵抗の少ない楽器だと少し違和感を感じ、後者なら抵抗の強い楽器に違和感を感じるでしょう。あくまで「自分が」吹きやすいと思った抵抗感が1番いいのです。また、抵抗感は楽器だけで決まるものではありません。あくまで楽器とマウスピースのセットで決まります。深いマウスピースなら抵抗は少なくなるし、浅いいものであれば抵抗は大きくなります。
 
じゃあどうしてマウスピースを先に選んだほうがいいのか?それは音色や抵抗は、奏法や楽器とマウスピースとの組み合わせ方で変えることができますが、自分の唇に合うかどうかというのはマウスピースでしか調整できないからです。先に楽器を選んでしまうと、自分の吹きやすい抵抗感や音色を探すためにマウスピースのサイズや深さを変えなければいけなくなります。そうなると自分に合ったサイズとは違ったものを使わざるをえなくなるケースが起こってしまうのです。これはエリック宮城氏が言っていたことなんですが、マウスピースは口に当てて心地よいと感じたものを選ぶのがいいと思います。別にマウスピースだけで吹いたりしてみなくていいと思います。そうやって心地よいサイズが見つかったら、そのマウスピースを使っていろんな楽器を試奏してみて自分の好きな抵抗感や音色を探せばいいのだと思います。
 
また、マウスピースを選ぶに当たって、自分が心地よいなと思ったものが他の人が使ってるものよりもすごく小さかったりしても、そのマウスピースを使うべきだと思います。よく、「なるべく大きいマウスピースを使ったほうがよい」というような考え方になりがちですが、無理して大きいものを使う必要はまったくないと思います。大きいマウスピースのほうが音が豊かになるというのは間違ってると思います。現に小さいマウスピースでもとても良い音をだすプレイヤーはたくさんいます。自分の感覚を信じて使えばいいのです。とらぞーも最初は大きいマウスピースにあこがれたりして、大きいものを使っていた時期もありましたが、ある時小さめで自分が心地よいと思ったマウスピースに変えてみたら、疲れにくくなったりハイトーンが楽になったりと良い結果がでました。音色も最初はちょっと違和感を感じましたが、使ってるうちにすぐに慣れて、小さくても音色が悪くなったりはしないんだなーと感じました。アレン・ヴィズッティは「自分の仕事がこなせる範囲で一番小さいものを選びなさい」と言っているそうです。この考え方にtrasoはとても共感してます。
 
ちなみに現在とらぞーが使用しているマウスピースはヤマハの中川モデル「14B4 N EE」です。このマッピはバックの3Cよりちょっと小さく「感じる」(実際はわかりませんが感覚のほうが大事)くらいのサイズなので決して小さくありません。むしろ大きいほうかも。これでは上記のことと矛盾するようですが、いろいろ試した結果、現在はこれが使いやすかったので使っています。つまるところは、自分に合うものを探せということです。小さいのはよくないという先入観で大きいほう大きいほうに以降してしまうのがいけないのであって、きちんと小さいものも試してみてどれが合うか考えましょう、ということです。

中川モデルのマウスピースですが、中川 喜弘さんの「世の中にあるマウスピースのほとんどが西洋人向けで日本人に合ったマウスピースというものが必要である」という考え方から生まれたマウスピースです。中川さんの考え方は大変おもしろく、説得力があります。本人のHPなどを見てみるといいですよ。あくまでもマウスピースは個人差なので、「これがオススメ!」とはいいませんが、一度は試してみる価値のあるシリーズです。

さて、長くなってしまいました。ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アフィリエイト・SEO対策
copyright © 2005 とらぞーずだいありー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。